米津玄師の年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

米津玄師(よねづ けんし)といえば、爆発的人気を記録し現在もその人気は衰えることの無い、シンガーソングライターですよね。

自身の曲の作詞・作曲だけでなく、曲のプロデュースやCM起用など、活躍の場をどんどん広げています。

今回は、幅広い層から指示を得る大人気シンガーソングライターの米津玄師の月収や年収について調査していきたいと思います!

目次

米津玄師の年収は5億円?

米津玄師の年収は5億円以上と考えられます。
米津玄師の収入源は大きく分けて4つあります。

  • 音楽活動の収入
  • YouTubeの広告収入
  • YouTubeの企業案件
  • TikTokの収入

米津玄師の収入で一番大きい収入は、やはり音楽活動だと思います。

新曲リリースの度に話題となり、現在もオリコンチャート1位を獲得するなど、人気が衰えることがありません。

このことから、米津玄師の年収は5億円以上だと予想します。

米津玄師の年収に占める音楽活動の収入は?


音楽活動の内訳としては、「音楽配信」「CD売り上げ」「印税」「楽曲提供・プロデュース」「ライブチケット」の、5つに分けられます。

音楽配信DL(ダウンロード)の収入

音楽配信DLとは、音楽配信サイトを使い、スマホやパソコンで曲が購入(ダウンロード)できるシステムです。

シングル1曲のダウンロード金額は “250円” と単価も安く、気軽に音楽を購入できるのが最大のメリットです。

1曲DLにつき、アーティストにおよそ16円が還元されています。

2020年末に発表された米津玄師の音楽DL認定総ダウンロード売上は870万なので、
870万DL×16円=1億3900万円

それを配信開始年数(8年)で割ると、
1億3900万円÷8年=1740万円

このことから、米津玄師の音楽配信DLの年収は約1740万円あると予想できます。

CD売上の収入

「Lemon」は1枚1,200円(税抜)で販売されており、CDの売上総数は53万枚(2019年時点)でした。

  • CDショップ(30%)→CD1枚につき360円
    360円×53万枚=1億9080万円
  • 容器代(10%)→CD1枚につき120円
    120円×53万枚=6360万円
  • 原盤印税(10%)→CD1枚につき120円
    120円×53万枚=6360万円
  • JASRAC(6%)→CD1枚につき72円
    72円×53万枚=3816万円
  • アーティスト印税(3%)→CD1枚につき36円
    36円×53万枚=1908万円
  • レコード会社(41%)→CD1枚につき492円
    492円×53万枚=2億607万円

米津玄師には、CD売上のうち1908万円が収入として支払われます。

このことから、CD売上の年収は1908万円と予想できます

カラオケ印税の収入

アーティストの曲がカラオケで歌われると、カラオケの印税でアーティストが歌手として貰える印税は、1曲あたり1~3円程。

これは結んでいる契約やアーティストの実績などによって異なる

1曲3円だと仮定すると、月に100回歌われた場合は、3円×100回=300円の印税が入ります。

カラオケに登録されている曲が10曲あるとして、それが同じように100回歌われていたら、300円×10曲=3,000円の印税です。

曲が歌われれば歌われるほど印税の金額は増えていくので、日本のカラオケ利用者数毎年平均の4,000万人全員が1回ずつ選曲した場合、たとえ1曲あたりの金額が1円であっても、1年間で4,000万円もの印税になる可能性があります。

代表曲の「Lemon」で印税を計算してみます。
日本の人口が1億人で、1日2,000人のうちの1人がカラオケで歌っていると仮定すると、毎日5万回の再生数となります。
3円×5万回再生×365日=5475万円
「Lemon」だけで、年間5000万円以上の印税があると予想できました。

さらに、2018年のカラオケランキングを席巻していますので、人気曲が他にもたくさんあることを踏まえると、カラオケの印税だけで軽く年収1億円は超えていそうですね。

テレビCMやアニメへの楽曲提供や、プロデュースの収入

曲の使用料の相場は「約20万〜」が多く、有名アーティストの場合1クール(約3か月)「100〜200万円」と使用料も高額になります。

今回は、2017年〜2018年に楽曲提供したもの1件につき「200万円」と仮定して計算してみました。

  • HONDA→「LOSER」
  • 僕らのヒーローアカデミア→「ピースサイン」
  • 3月のライオン→「orion」
  • 初音ミク マジカルミライ2017→「砂の惑星」
  • ルーヴルNo.9〜漫画、9番目の芸術〜→「ナンバーナイン」
  • GATSBY→「TEENAGE RIOT」
  • SONY→「Flamingo」
  • アンナチュラル →「Lemon」
  • <NHK>2020応援ソング→「パプリカ」

9件×200万円=1,800万円

楽曲提供・プロデュースの収益は、音楽出版社(事務所)とアーティスト(作詞家・作曲家)が折半するのが一般的なため

1,800万円÷2=900万円 

米津玄師の楽曲提供・プロデュースの収入は900万円予想できます。

ライブチケットの収入

ライブ会場の収容人数によって、収益は変動します。

仮に「幕張メッセ」の最大収容人数が3万人(※スタンディング)とすると、

8,000円×30,000人=2億4,000万円

アーティストの出演料はこの内の約15%のため

2億4,000万円×0.15%=3,840万円

このことから、幕張メッセ1日で米津玄師のライブチケットの収入は3,840万円と予想できます。

現在はコロナ禍でLIVEも頻繁に行えないと思いますが、10公演すると3億円以上の収入が予想できます。

このことから、音楽活動での総収入は4憶円以上と予想します!

次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!

米津玄師の年収に占めるYouTube収入はいくら?

米津玄師のYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入

YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。

チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。

YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。

上記のことから米津玄師の再生回数と収入を割り出してみました

「米津玄師」

動画投稿頻度は平均で1年に6回ほど、再生回数は1本当たり約100万回〜7億回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約55万円前後。
単純計算で、(月収)55×12ヶ月=(年収)約660万円という計算になりました。

このことから、米津玄師の広告収入の年収は約660万円と予想します!

バズった動画は?

第1位 「Lemon」

第2位 「打上花火」

こちらの動画は4.5億回再生超え!

第3位 「アイネクライネ」

こちらの動画は2.9憶回再生超え!

 

年収②企業案件収入

YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。

企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。

この企業案件の相場以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場単価は、1~1.5円です。

引用元:https://collatech.co.jp/ifm-lab/youtube/youtube_advertisement/3028

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なる為、正確な金額は分かりませんが、今回は上記の情報を元に金額を割り出してみました!

604万人(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき604万円

(相場の最低ラインで計算しています)あくまでも現時点(2021年10月)での登録者数で計算した結果になります。

このことから、米津玄師が月に一度企業案件を受けていると仮定すると、
年収は約7200万円と予想できます。

米津玄師の年収に占めるTikTok収入はいくら?

米津玄師は2021年10月現在約23万人以上のフォロワー数です!

TikTokの収益化は実装されたばかり

まず、TikTokなのですが、日本では2021年3月に収益化の仕組みが始まったばかりです。

他のSNS、YouTubeやInstagramのように広告収入や投げ銭で収入を得られるようですが、まだまだその仕組みは明らかになっていません。

今までのTikTokは、事務所に所属するきっかけになったり、YouTubeなどへの誘導のツールとして使われていることが多かったようですね。

年収①広告収入

TikTokの広告は

・起動時の画面広告

・タグチャレンジ広告(#チャレンジ)

・インフィード広告(おすすめ投稿に表示)

が、あることが確認されています。

これらに起用、掲載されることで大きな収入へつながるようです。

米津玄師のTikTok

「米津玄師 ハチ」

@kenshiyonezu_08

by REISSUE RECORDS #米津玄師 #PaleBlue #リコカツ編 #ずっとずっと恋をしている

♬ Pale Blue (歌い出し Ver.) – 米津玄師

フォロワー数23万人です!(2021年10月現在)

動画投稿頻度は平均で月2回ほど、再生回数はどれも20~400万回程再生されています。

TikTokでも大きな影響力を持つ代表的な存在の米津玄師ですので、TikTokの収益化が始まったことで、収入も大幅にアップしたのではないでしょうか。

年収②企業案件収入

TikTokのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。
企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしいと依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。

タグチャレンジ広告も存在しており、人気TikTokerを起用することも多いようです。

こちらの動画を見てみると、ヒロトさんは30万人のフォロワーがいたときに受けた案件の金額が30万円だったと話しています。

これを参考にすると、

・フォロワー数×1円=報酬

ということになりますよね!

もしこれが米津玄師にも当てはまるとすれば、一件につき23万円の報酬を得ることになりますね。

年収③投げ銭

2021年3月に日本でも実装開始したTikTokの投げ銭機能

TikTok LIVE Gifting(ギフティング)」でも収益が入る仕組みが開始されました。

こちらの機能、日本のユーザーからだけでなくはもちろんですが、海外のユーザーからもギフト(投げ銭)を受け取ることができるんだとか!こちらも大きな収入源となりそうです。

 

TikTokは2021年6月に開設しており、投稿も5回しかされていないことから、認知度がまだないように思います。

しかし、米津玄師が月に一度企業案件を受けていると仮定すると、年収は約270万円と予想できます。

 

米津玄師の月収はいくら?


今までの年収予想を月収にしてみると

・YouTubeの広告収入  約55万円
・YouTubeの企業案件  約604万円
・TikTokの収入  約23万円
・音楽活動の収入  約3500万円

このことから、米津玄師の月収は約4100万円と予想できます。

 

まとめ

米津玄師の月収や年収についてまとめてみました。

今回の記事は、あくまで推測の話です。

しかし、調査によって具体的な数字が出たことで「夢のある仕事だ」と感じた方もいるのではないでしょうか。

衰えることの無い大人気シンガーソングライターの米津玄師ですが、ここまでの道程も容易ではないとおもいます。

これからも引き続き、大人気アーティスト米津玄師の活躍を期待しています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる