ヨビノリたくみの年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

ヨビノリたくみさんは、予備校のノリでさまざまなことを教えてくれる教育系YouTuberです!チャンネル登録者数は82万人を突破しています。(2021年11月現在)

メインのチャンネルでは、数学や物理の講座を700本以上投稿。サブチャンネルでは雑学の講座など幅広く投稿しています。

また、2019年以降には数学についての書籍を出版していて、研究者の田口善弘さんからも高く評価されているそうです。ヨビノリたくみさんは、講演なども行っています。

今回は、ヨビノリたくみさんの年収を予想してみました。ぜひご覧ください!

目次

ヨビノリたくみの年収は約710万円?

ヨビノリたくみ

ヨビノリたくみさんの年収は約710万円と考えられます。
ヨビノリたくみさんの収入源は大きく分けて2つあります。

  • YouTube
  • 書籍の印税

ヨビノリたくみさんは、YouTubeでの活動がメインです。動画の制作はやすさんという方が行っているので、2人でチャンネルを運営しているということになります。

今回は、YouTubeの収入は単純計算で予想した年収額の半分を、ヨビノリたくみさんの年収としてお伝えしています。

ヨビノリたくみさんは講演やイベントにも多数出演していることから、今回記事で計算した年収額に、数十万~数百万円はプラスしてもいいかもしれません。

これによってヨビノリたくみさんの年収は約710万円だと予想できます。
次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!

 

ヨビノリたくみの年収に占めるYouTube収入はいくら?

ヨビノリたくみ

ヨビノリたくみさんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入


YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。

チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。

YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。

上記のことからヨビノリたくみさんの再生回数と収入を割り出してみました。

『予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」』

動画投稿頻度は平均で月8回ほど、再生回数は1本当たり22〜23万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約18万円前後。
単純計算で、(月収)18万円×12ヶ月=(年収)約220万円という計算になりました。

2021年以降は、YouTube以外での活動が増えたためか投稿数が少し減少しているようです。

サブチャンネルについても計算してみましたが、投稿数が少ないため、月収に換算すると数千円となりました。

バズった動画は?

ヨビノリたくみさんの動画で人気があるものは、やはり学生時代につまづきやすいテーマの講座が多いです。

とても分かりやすい解説で、数学初心者でも理解しやすいのがヨビノリたくみさんの講座の特徴。大人になってから動画を見ると、学生時代にこの動画があったらなあ、なんて思ってしまうほどです。

それでは、ヨビノリたくみさんのバズった動画を、再生回数の多い順にご紹介します!

中学数学からはじめる相対性理論

こちらの動画の再生回数は、驚愕の1787万回!!

「相対性理論」は、名前だけ知っているという人がとても多いと思います。この動画を見ることで、「相対性理論」について理解を深めやすくなりますよ。

中学数学からはじめる微分積分

こちらの動画の再生回数は、710万回

文系だった私も、「微分積分」で苦労した覚えがあります。基礎は理解できているはずなのに、応用になると全く解けない……という方も、この動画を見ることで一歩進めるかもしれません。

中学数学からはじめる三角関数

こちらの動画の再生回数は、501万回

「三角関数」も、文系の人にとっては苦労しがちなテーマではないでしょうか。ヨビノリたくみさんの動画を見ることで、数学への苦手意識が少しずつ無くなっていくような気がします。

年収②企業案件収入


YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。

企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしいと依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。

この企業案件の相場は以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場単価は、1~1.5円です。

引用元:https://collatech.co.jp/ifm-lab/youtube/youtube_advertisement/3028

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なる為、正確な金額は分かりませんが、今回は上記の情報を元に金額を割り出してみました!

82万人(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約82万円

(相場の最低ラインで計算しています)あくまでも現時点(2021年11月)での登録者数で計算した結果になります。

ヨビノリたくみさんの動画投稿数はとても多いので、2021年11月時点から過去1年間の動画に限定してチェックしてみました。

すると、年間で5件は企業案件を受けていることが判明しました!

ということは、1案件82万円×5件=1年で約410万円の収入があったと予想できます!

 

ヨビノリたくみの年収に占める書籍の印税収入はいくら?

ヨビノリたくみ

ヨビノリたくみさんは、難しい数式はまったくわかりませんが、微分積分を教えてください!という書籍を2019年5月に初めて出版しています。

同じシリーズとして出版された本は以下の通りです。

  • 「難しい数式はまったくわかりませんが、相対性理論を教えてください!」(2020年1月)
  • 「難しい数式はまったくわかりませんが、確率統計を教えてください!」(2021年1月)
  • 「難しい数式はまったくわかりませんが、量子力学を教えてください!」(2021年6月)

    もう一つのシリーズとして、以下の書籍があります。

    • 「予備校のノリで学ぶ大学数学~ツマるポイントを徹底解説」(2019年6月)
    • 「予備校のノリで学ぶ線形代数」(2020年5月)

      書籍の印税収入は、以下の計算式で予想ができます。

      今回は、Amazonで最もレビュー件数の多い「相対性理論」についての書籍で、発行部数は1万部、印税率を10%と仮定して計算してみます。

      (本の定価)1,540円×(発行部数)1万部×(印税率)10%=(収入)約154万円

      大雑把な計算となってしまいますが、すべての書籍が上記の条件だと仮定すると、154万円×5種類=770万円

      2021年11月現在では、最初の書籍の出版からまだ2年半ほどしか経っていません。約2年間の売上が770万円であるとするならば、年収は半分の約390万円と予想できます。

      ヨビノリたくみの月収はいくら?

      ヨビノリたくみ

      以上の計算から、ヨビノリたくみさんの月収は

      • YouTubeの収入:約27万円
      • 書籍の印税収入:約33万円

       

      合計で約60万円であると予想できます。

      月に1度でも講演を行ったりイベントに参加したりすると、80万円ほどはいくのではないでしょうか。

      受験前の冬の追い込み期間などには、動画の再生回数はもっと増えていくかもしれませんね!

      まとめ

      ヨビノリたくみさんの年収は約710万円以上ということが予想できました!

      1,000万円以上ではないかとの噂もあるくらいなので、ヨビノリたくみさんの人気の高さがうかがえますね!

      受験生だけでなく、大人になってからでも楽しめる講座が、「ヨビノリ」にはたくさんあります。

      今後もヨビノリたくみさんがどのようなことを教えてくれるのか、とても楽しみですね!

      よかったらシェアしてね!

      この記事を書いた人

      コメント

      コメントする

      目次
      閉じる