わっさむチャンネルさんの年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

わっさむチャンネルさんは、2018年1月から投稿を開始して、アウトドア系の投稿が目立ち、現在に至るまで3年半で約18万人の登録者がいます。
そんなわっさむチャンネルさんの年収を知りたくありませんか?

今回はわっさむチャンネルさんの年収を調べたいと思います。

目次

わっさむチャンネルさんの年収は約408万円?

わっさむチャンネルさんの年収は約408万円と考えられます。
わっさむチャンネルさんの収入源は大きく分けて2つあります。

  • Youtube
  • 企業案件

わっさむチャンネルさんは、釣りやジムニー、ハンターカブなどのアウトドア系の投稿が多いYouTuberです。他のsmsも活用はしていないと考えると

わっさむチャンネルさんの年収は約408万円だと予想できます。
次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!

わっさむチャンネルさんの年収に占めるYouTube収入はいくら?

わっさむチャンネルさんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入


YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。

チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。

YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。

上記のことから人物名を入力さんの再生回数と収入を割り出してみました

「わっさむチャンネル」

動画投稿頻度は平均で約4回ほど、再生回数は1本当たり約10〜40万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約16万円前後。
単純計算で、(月収)16万×12ヶ月=(年収)約192万円という計算になりました。

上記の情報からわっさむチャンネルさんの年収が約192万円と思っていたより年収としては少ないですが、釣り動画やアウトドア系の動画が多いとなると使用する金額も大きくなるので生計はどのように立てているのか気なりますね、、、

バズった動画は?

ここからは、再生回数の多い動画ベスト3を紹介したいと思います。

小川の激闘!フナを狙っていただけなのに…

とにかく釣りをしている動画ですが、再生回数としては181万回と一番!!

ぶっこみ釣りで、重い何かに引っ張られる

海での釣り動画ですが、とても楽しそうに釣りをしていてこれが再生回数136万回と多かったです。

お前はもうこけている…

わっさむチャンネルさんのハプニング集の動画ですが、
127万回の再生回数を記録しています!!

 

年収②企業案件収入


YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。

企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。

この企業案件の相場以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場単価は、1~1.5円です。

引用元:https://collatech.co.jp/ifm-lab/youtube/youtube_advertisement/3028

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なる為、正確な金額は分かりませんが、今回は上記の情報を元に金額を割り出してみました!

約18万人(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約約18万円

(相場の最低ラインで計算しています)あくまでも現時点(2022年4月)での登録者数で計算した結果になります。

以上の情報からわっさむチャンネルさんの企業案件収入ですが、月に1回の投稿と考えて年間で約216万円となります。Youtubeの再生回数でと合わせると約408万円となりました。企業案件になると年収がグンと上がりますね。

わっさむチャンネルさんの月収はいくら?

  • YouTube広告収入:約192万円
  • YouTube企業案件収入:約216万円

収入としてはYoutubeのみとなりますが、年収として約408万円となりました。
アウトドア系などの投稿が多いので個人的な費用も掛かると思いますが、別収入があるのでしょうか?

まとめ

わっさむチャンネルさんは基本的に画像転用禁止なので掲載出来ませんが、女性でアウトドア系の配信をしているのも珍しいかなと思います。
今後の活躍に期待したいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる