ヴァンゆんの年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

みなさん、こんにちは!

今回はヴァンビさんとユンさんの2人組のYouTuber「ヴァンゆん」に注目!

2人は元アイドル、ヴィジュアル系バンドマンだった経歴も持っているんですよ。

今回はそんなヴァンゆんの気になる年収や月収についてご紹介していきます!

目次

ヴァンゆんの年収は6300万円?

ヴァンゆんの年収は6300万円以上と考えられます。
ヴァンゆんの収入源は大きく分けて4つあります。

  • YouTube
  • プロデュース業
  • 本の印税
  • テレビ出演

SNSはもちろんですが、本の出版やプロデュースなど幅広く活躍されていました!

これによってヴァンゆんの年収は6300万円以上だと予想できます。
次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!

ヴァンゆんの年収に占めるYouTube収入はいくら?

ヴァンゆんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入

YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。

チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。

YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。

上記のことからヴァンゆんの再生回数と収入を割り出してみました

ヴァンゆんチャンネル【VAMYUN】

動画投稿頻度は平均で月15回ほど、再生回数は1本当たり40〜190万回ほど。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約285万円前後
単純計算で、(月収)285×12ヶ月=(年収)約3,420万円という計算になりました。

ヴァンゆんのYouTubeの広告収入の年収予想は3,420万円になりました!

バズった動画は?

再生回数の多い動画ベスト3をご紹介します!

第1位【モニタリング】相方にエナジードリンクと偽って大人向けドリンクを飲ませてみた結果…

こちらはなんと!1337万回再生超え!

第2位【モニタリング】相方の家に知らない女と同棲してる形跡があったら…

こちらは966万回再生超え!

第3位【無駄にエロい】 男女で乾いた液体ノリを剥がすとアレにしか聞こえないww【ASMR☆音フェチ】

こちらの動画は902万回再生こえ!

このことから広告収入がもっと高額でもおかしくありませんね。

年収②企業案件収入

YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。

企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。

この企業案件の相場以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場単価は、1~1.5円です。

引用元:https://collatech.co.jp/ifm-lab/youtube/youtube_advertisement/3028

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なる為、正確な金額は分かりませんが、今回は上記の情報を元に金額を割り出してみました!

227万人(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約230万円

(相場の最低ラインで計算しています)あくまでも現時点(2021年8月)での登録者数で計算した結果になります。

このことからヴァンゆんが月に一件の企業案件を受けていると仮定すると、

・230万人×12ヶ月=2,760万円

YouTubeの企業案件の年収予想は2,760万円になりました!

ヴァンゆんの最近の企業案件動画

提供:SHERIE CLINIC

提供:カネボウsuisai

月に一件以上受けている時もありますので、もっと高額になってもおかしくありませんね。

 

ヴァンゆんの年収に占めるTikTok収入はいくら?

ヴァンゆんは2021年8月現在31万人以上のフォロワー数です!

TikTokの収益化は実装されたばかり

まず、TikTokなのですが、日本では2021年3月に収益化の仕組みが始まったばかりです。

他のSNS、YouTubeやInstagramのように広告収入や投げ銭で収入を得られるようですが、まだまだその仕組みは明らかになっていません。

今までのTikTokは、事務所に所属するきっかけになったり、YouTubeなどへの誘導のツールとして使われていることが多かったようですね。

年収①広告収入

TikTokの広告は

・起動時の画面広告

・タグチャレンジ広告(#チャレンジ)

・インフィード広告(おすすめ投稿に表示)

が、あることが確認されています。

これらに起用、掲載されることで大きな収入へつながるようです。

人物名を入力のTikTok

「ヴァンゆんチャンネル」

 

@vamyun.channelTikTokだと恥ずかしくなって我慢できずに変顔したくなっちゃうよね🤪💥♬ オリジナル楽曲 – けんちょす✌🏽(高橋憲太) – けんちょす✌🏽(KENCHOS)

フォロワー数31万人です!(2021年8月現在)

投稿数は16本でした。あまり更新していないようです。

TikTokでも大きな影響力を持つ代表的な存在のヴァンゆんですので、TikTokの収益化が始まったことで、収入も大幅にアップしたのではないでしょうか。

年収②企業案件収入

TikTokのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。
企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしいと依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。

タグチャレンジ広告も存在しており、人気TikTokerを起用することも多いようです。

こちらの動画を見てみると、ヒロトさんは30万人のフォロワーがいたときに受けた案件の金額が30万円だったと話しています。

これを参考にすると、

・フォロワー数×1円=報酬

ということになりますよね!

もしこれがヴァンゆんにも当てはまるとすれば、一件につき31万円の報酬を得ることになりますね。

年収③投げ銭

2021年3月に日本でも実装開始したTikTokの投げ銭機能

TikTok LIVE Gifting(ギフティング)」でも収益が入る仕組みが開始されました。

こちらの機能、日本のユーザーからだけでなくはもちろんですが、海外のユーザーからもギフト(投げ銭)を受け取ることができるんだとか!こちらも大きな収入源となりそうです。

ヴァンゆんの年収に占めるプロデュースブランドの収入は?

プロデュースブランドの公式サイトは下からどうぞ!!

https://unvamy.jp/

この投稿をInstagramで見る

 

UNVAMY(@unvamy.official)がシェアした投稿

ヴァンゆんはアパレルブランドも手がけています!

男女のおしゃれな服がたくさんありますのでぜひチェックして見てくださいね。

ことらもかなりの収入になっているのではないでしょうか!

ヴァンゆんの年収に占めるインスタグラム収入は?

ヴァンゆんとしてのInstagramはありませんでした。

個人のアカウントをご紹介します。

ヴァンビ

この投稿をInstagramで見る

 

ヴァンゆん(@the_vambi)がシェアした投稿

ゆん

この投稿をInstagramで見る

 

ゆん (Yun)(@yuntaaam_s2)がシェアした投稿

ぜひチェックして見てくださいね!

ヴァンゆんの年収に占めるテレビ出演の年収は?

ヴァンゆんはSNSだけではなく、テレビにも出演しています。

1回のテレビ番組では新人タレントでも3万円から5万円ほどのギャラがもらえるそうです。

ヴァンゆんが月に一回テレビ出演をしていると仮定すると、

・5万円×12ヶ月=60万円

となります。人気や影響力を考えるともっと高額でもおかしくないですよね。

今回は60万円と予想します!

ヴァンゆんの年収に占める本の印税収入は?

ヴァンゆんは

ヴァンゆんの万有引力 ~人を惹きつける魅力の秘密~

という本を出版しています。

本の印税は、本の単価×部数×印税率といった計算方法となり、印税は10%分を受け取れると言われています。

ヴァンゆんの書籍の単価は1,595円です。しかし、発行部数の情報は見つかりませんでした。

仮にこの本が年に10,000冊売れていると仮定して予想します。

・160円(印税本の10%)×10,000=160万円

このことから、本の印税の年収は160万円という予想になりました!

影響力や人気から、もっとたくさん売れていてもおかしくないですね。

ヴァンゆんの月収はいくら?


ここまでの年収予想を月収になおしてみると

・YouTubeの広告収入 約285万円

・YouTubeの企業案件 約230万円

・テレビ出演 約5万円

・本の印税 約13万円

このことから月収予想は530万円となりました!

ここにプロデュースの収入なども加わればかなりの額になりますね!

まとめ

以上、大人気YouTuberのヴァンゆんの気になる年収や月収について気になる情報を調査しました!

これからのさらなる活躍に期待ですね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる