床嶋佳子の年収と月収!ギャラはどれくらい?総収入を徹底調査!

バレリーナとして活躍し、全日本バレエコンクールで文部大臣賞を獲得経験もある床嶋佳子さん。

27歳で女優に転身し、数多くのドラマに出演している床嶋さん。

最近はバラエティなどにも出演されています。

そんな床嶋佳子さんの気になる月収や年収を調査致しました!自宅なども調査致しましたので、最後までご覧ください!

目次

床嶋佳子の年収は6816万円?ギャラはどれくらい?

床嶋佳子さんの年収は6816万円と考えられます。
床嶋佳子さんの収入源は大きく分けて2つあります。

  • 舞台
  • プロデュース商品

ドラマや舞台に出演されている床嶋さん。近年ではバレリーナ経験を活かし、プロデュース商品等の販売もしております。
これによって床嶋佳子さんの年収は金額を6816万円だと予想できます。

ギャラはどれくらいなの?

俳優、女優のギャラについて以下のような情報がありました。

バラエティー番組と同様にドラマもコスト削減が進んでおり、連ドラの主演俳優のギャラは、「かつては1話300万円でしたが、現在は100万~200万円が相場になっています」という。10話で合計1000万~2000万円のギャラとなるが、低視聴率のイメージダウンを避けるため、最近は主演をやらせたがらない事務所が増えている。男女ツートップやチームもの、群像劇のドラマが増えているのはそのためだ。

映画のギャラは一般にゴールデンの連続ドラマより安いとされてきたが、ヒットが見込める大作の場合は例外だという。「ベストセラー原作」で「東宝系」、「テレビ局製作」の大作という条件がそろえば、主演俳優のギャラは1000万円、2番手でも500万~700万円という。

引用元:エンタウォッチング

上記の記事を見て分かるように、連続ドラマの主演俳優・女優のギャラの相場は1話100万円~200万円と言われています。

映画では、超大作の主演クラスで1000万円を超えることもあるようですが、通常の場合は1本300万円位だと言われています。

次に床嶋佳子さんのそれぞれの収入源について詳しく説明していきます!

 

床嶋佳子の年収に占める舞台の収入は?

床嶋佳子さんは、舞台にも出演されています。

2021年

  • 『ザ・ドクター』

床嶋佳子さんの舞台出演は、判明しているだけでも12回でした。
1回の公演が20万円だと仮定すると、

20万円(1公演の出演料)× 12回 = 240万円
240万円(年収)÷ 12(ヶ月)= 約20万円(月収)

このことから、舞台出演での収入は月収20万円と予想できます。

 

床嶋佳子の年収に占めるプロデュース商品の収入は?

バレエ経験のある床嶋佳子さん。2011年には、プリマスタイルという靴を出して2万足売れたとか。
バレエ経験から得たメソッドをもとに、現在は着圧レギンスが販売されています。
その商品が1着5478円。1ヶ月で1000着購入されたと仮定すると、

5478円× 1000着 = 547万8000円

このことから、プロデュース商品での収入は月収約548万円と予想できます。

床嶋佳子の月収はいくら?

これまでの年収を月収に換算すると、

  • 舞台 約20万円
  • プロデュース商品 約548万円

床嶋佳子さんの月収予想は約568万円となりました!

床嶋佳子の自宅は?

昔は、タワーマンションに住んでいた床嶋さん。
現在は、千歳船橋駅ちかくのファミリーマンションに単身で住んでいるそう。
地に足がついた気がすると満足のようです。

まとめ

床嶋佳子さんについてまとめてみると、

  • 年収 約6816万
  • 月収 約568万
  • 自宅は、自宅は千歳船橋駅近くのファミリーマンション

プロデュース商品が売れている床嶋さん。女優さんと並行しての更なる活躍から
目が離せません!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる