PDRさんの年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

YouTuber界のご意見番で忖度なしに批判するハーフYouTuberのPDRさん

ハーフでPDR??なんか似たYouTuberが居るような・・・と思った方も多いでしょう。

それもそのはず、PDRさんはPDS株式会社ことダンテさんのお兄さんです。

今回はそんなPDRさんの月収や年収をまとめました。

目次

PDRさんの年収は190万円?

PDRさん】年齢や弟PDS株式会社さんとの不仲などWiki風に紹介! | ユーチューバーペディア

PDRさんの年収は190万円と考えられます。
PDRさんの収入源は1つです。

  • YouTube広告収入

上記の収入源からPDRさんの年収は190万円と考えられます。

次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!

PDRさんの年収に占めるYouTube収入はいくら?

タチリュウyoutube始めました。~泉州・熊取、泉佐野のフィットネスジム・鍼灸整骨院~ | タチリュウコンディショニングジム - 千葉八千代本店|大阪熊取店

PDRさんのYouTubeでの広告収入について見ていきましょう!

年収①広告収入

YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。
チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。
YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。
上記のことからPDRさんの再生回数と収入を割り出してみました

「PDRさん」
動画投稿頻度は平均で月8回ほど、再生回数は1本当たり18万回〜20万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約16万円前後。
単純計算で、(月収)16万円×12ヶ月=(年収)約190万円という計算になりました。
※このデータは2021年6月〜8月を元に算出しています。

PDRさんの収入源はYouTubeからの広告収入のみでした。

YouTubeの広告収入は動画の再生回数に応じて変動し、PDRさんの場合、月16万円前後だと考えられます。

これによってPDRさんの年収は190万円だと予想できます。

 

動画によってかなり再生回数の差が大きかったです。

世間で注目されている内容に関する動画の再生回数はとても多いという特徴がありました。

バズった動画は?

カリスマブラザーズは本当に英語がペラペラなの?

2016年に投稿されたこちらの動画は472万回再生。

現在は解散しましたが、当時人気を集めていたカリスマブラザーズさんの英語について物申しています。

PDRさんから見て、カリスマブラザーズさんの英語力はどうだったんでしょうか。

 

コンビニに来るウザイ客XIX Annoying Customers 19

こちらも2016年に投稿された動画で再生回数は397万回

コンビニで働いたことがある方は共感する内容も多いのではないでしょうか。

ダンテの英語は上達したのか?Part 1 Has Dante’s English Gotten Better?

2012年に投稿され、再生回数は367万回

弟のダンテさんとのコラボです。

2人とも普段より楽しそうに感じました。

あわせて読みたい
ダンテ【PDS株式会社】の年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査! 現在(2021年9月)、チャンネル登録者数が163万人を超える人気YouTuberダンテさん。 イギリス人と日本人のハーフで、その淡麗な顔つきからジャニーズJr.に所属していた...

PDRさんの月収はいくら?

PDRさんの年収は?広告収入・グッズ・タイアップを調査!実はmimeiの扶養で低収入の噂も… | LogTube|国内最大級のyoutuber(ユーチューバー)ニュースメディア

YouTube広告収入 16万円

以上のことからPDRさんの月収は16万円前後であると考えられます。

企業案件での収入があれば大きく増えますが、

動画上でのキャラクターや大手事務所に所属していない事を考えればそれも厳しいのかもしれません。

まとめ

PDRさんの年収は190万円程度ということが分かりました。

過去には妻であるmimeiさんの扶養に入っているという噂も流れるなど苦労されていて、

他にも副業などで収入源を確保しているのかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる