なまはむこの年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

YouTuberなまはむこの年収がエゲツないw

皆様、出身TikTokからYouTuberとして活動しているなまはむこさんをご存知でしょうか。

なまはむこさんは現在、YouTubeアカウント「なまはむこの休日」で、16.2万人の登録者数を持つ大人気YouTuberで、なまはむこさん自身のOL生活をアップしています。

そんななまはむこさん、YouTubeの投稿されている動画も再生回数はえげつないほど多いのですが、
YouTube shotsというYouTubeの新しく出た短い動画投稿形式のものでも50万回再生を突破するものも!

大活躍中のなまはむこさんですが、普段語られない「収入」について、その周辺も詳しく調べていきます!

目次

なまはむこの年収は2910万円?

なまはむこさんの年収は2910万円と考えられます。
なまはむこさんの収入源はおそらく4つだと思われます。

  • YouTube収益
  • TikTok収益
  • OL収益
  • 企業案件

なまはむこの年収予想私調べではありますが、
なまはむこの年収は2910万円だと予想できます。

次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!

なまはむこの年収に占めるYouTube収入はいくら?

なまはむこさんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入

YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。

チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。

YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。

上記のことからなまはむこさんの再生回数と収入を割り出してみました

「なまはむこの休日」

動画投稿頻度は、平均で月9.4回ほど、再生回数は1本当たり2.8〜141万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約133万円前後。
単純計算、YouTube収益のみで、(月収)133×12ヶ月=(年収)約1596万円という計算になりました。

今年の2021年に入ってから515万回。動画のみでこの回数です!
Shotsの方に関しては2516万回以上再生されています!

バズった動画は?

なまはむこさんのバズった動画TOP3

ボーリングで負けたら〇〇

44万回再生
こちらの動画は、後輩くんと一緒にボーリングに行くYouTubeの動画となっていました。

この先輩が〇〇すぎる件。

27万回再生
こちらの動画は、出身であるTikTokの動画を5分にまとめた動画となっていました。

【OLの夜食】ラーメンでも食べて一緒に寝よう。

22万回再生
仕事から帰宅してから夕食のラーメンを食べて寝るまでの動画内容となっていました。

 

年収②企業案件収入

YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。

企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。

この企業案件の相場以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場単価は、1~1.5円です。

引用元:https://collatech.co.jp/ifm-lab/youtube/youtube_advertisement/3028

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なる為、正確な金額は分かりませんが、今回は上記の情報を元に金額を割り出してみました!

16万人(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約16万円

(相場の最低ラインで計算しています)あくまでも現時点(2021年9月)での登録者数で計算した結果になります。

なまはむこの年収に占めるTikTok収入はいくら?

なまはむこさんは2021年8月現在4.7万人万人以上のフォロワー数です!

TikTokの収益化は実装されたばかり

まず、TikTokなのですが、日本では2021年3月に収益化の仕組みが始まったばかりです。

他のSNS、YouTubeやInstagramのように広告収入や投げ銭で収入を得られるようですが、まだまだその仕組みは明らかになっていません。

今までのTikTokは、事務所に所属するきっかけになったり、YouTubeなどへの誘導のツールとして使われていることが多かったようですね。

年収①広告収入

TikTokの広告は

・起動時の画面広告

・タグチャレンジ広告(#チャレンジ)

・インフィード広告(おすすめ投稿に表示)

が、あることが確認されています。

これらに起用、掲載されることで大きな収入へつながるようです。

なまはむこさんのTikTok

「なまはむこ」

@ol_ol_ol

0から!!!!#おすすめにのりたい #コスプレイヤー #コスプレ

♬ オリジナル楽曲 – なまはむこOLの日常🐹 – なまはむこOLの日常🐹

フォロワー数66.9万人です!(2021年8月現在)

動画投稿頻度は平均で月13回ほど、再生回数はどれも10万回以上再生されています。

TikTokでも大きな影響力を持つ代表的な存在のなまはむこさんですので、TikTokの収益化が始まったことで、収入も大幅にアップしたのではないでしょうか。

年収②企業案件収入

TikTokのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。
企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしいと依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。

タグチャレンジ広告も存在しており、人気TikTokerを起用することも多いようです。

こちらの動画を見てみると、ヒロトさんは30万人のフォロワーがいたときに受けた案件の金額が30万円だったと話しています。

これを参考にすると、

・フォロワー数×1円=報酬

ということになりますよね!

もしこれがなまはむこさんにも当てはまるとすれば、一件につき67万円の報酬を得ることになりますね。

年収③投げ銭

2021年3月に日本でも実装開始したTikTokの投げ銭機能

TikTok LIVE Gifting(ギフティング)」でも収益が入る仕組みが開始されました。

こちらの機能、日本のユーザーからだけでなくはもちろんですが、海外のユーザーからもギフト(投げ銭)を受け取ることができるんだとか!こちらも大きな収入源となりそうです。

なまはむこの年収を占めるOLでの収入は?

なまはむこさんは、「Leading Communication」という、インフルエンサーを中心にマネジメント、クリエイターを育成する会社に勤めているようです。

そしてなんとなまはむこさんは、クリエイターとしても、プロデューサーとしても所属しているのです。
ということで、Leading Communicationという会社の平均月収を調べてみたところ、月収25万円〜28万円でした。

なまはむこさんの月収はいくら?

この記事の冒頭で話しておりました、YouTube収入の月収はおそらく133万円。
そこに企業案件の16万円TikTok liveの投げ銭で67万円OL収入が平均26.5万円なので、

月収はおよそ242.5万円という予想!相当稼いでらっしゃるんですね…

まとめ

いかがでしたでしょうか??
なまはむこさんはおおよそ年収2900万円であることがわかりました!
TikTokからYouTubeに出て3年目。これから先、より伸びていくこと間違い無いでしょう。
以上
「YouTuberなまはむこの年収がエゲツないw」
でした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる