クロシロチャンネルの年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

YouTuberのクロシロチャンネルさんをご存知ですか?

元々はクロさんとシロさんの2人での活動をメインで行なっておりましたが、現在はクロさんが脱退をしております。

主に心霊系の動画を投稿されており、現在YouTubeチャンネル登録者数4.42万人と注目を集めております!

そこで気になってくるのが収入ですよね!

今回は、クロシロチャンネルさんの気になる年収や月収について調査いたしました。

目次

クロシロチャンネルの年収は81万円?

クロシロチャンネルさんの年収は81万円と考えられます。
クロシロチャンネルさんの収入源は大きく分けて2つあります。

  • YouTube
  • Instagram

これによってクロシロチャンネルさんの年収は81万円だと予想できます。
次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!

 

クロシロチャンネルの年収に占めるYouTube収入はいくら?

クロシロチャンネルさんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入


YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。

チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。

YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。

上記のことからクロシロチャンネルさんの再生回数と収入を割り出してみました

「クロシロチャンネル」

動画投稿頻度は平均で月2回ほど、再生回数は1本当たり5〜10万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約1.9万円前後。
単純計算で、(月収)1.9万円×12ヶ月=(年収)約22.8万円という計算になりました。

バズった動画は?

 

【心霊映像】霊の姿を捉えた瞬間…

霊の姿を捉えた瞬間の動画が46万回再生!

牛首村【前編】ある女性からのメッセージが”恐怖”への入り口…

牛の首怪談の検証動画が17万回再生!

【事故物件】未解決事件現場の事故物件にて不審者に遭遇…

未解決事件現場の事故物件にて宿泊検証をする動画が14万回再生!

 

 

年収②企業案件収入


YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。

企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。

この企業案件の相場以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場単価は、1~1.5円です。

引用元:https://collatech.co.jp/ifm-lab/youtube/youtube_advertisement/3028

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なる為、正確な金額は分かりませんが、今回は上記の情報を元に金額を割り出してみました!

4.42万人(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約4.42万円

(相場の最低ラインで計算しています)あくまでも現時点(2021年5月)での登録者数で計算した結果になります。

仮に月1回案件を受けている場合、YouTube企業案件収入は、4.42万円となります。

 

クロシロチャンネルの年収に占めるインスタグラム収入は?

企業案件の計算方法は登録者数×単価となっています。相場単価は、1~1.5円と言われているため、

・インスタグラム

4679人(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約0.5万円

仮に月に一件の案件を受けたとすると、

0.5万円(企業案件の月収)×12ヶ月=6万円

このことから、クロシロチャンネルさんInstagramの年収は約6万円と予想します!

クロシロチャンネルの月収はいくら?

  • YouTube広告収入:約1.9万円
  • YouTube企業案件収入:約4.42万円
  • Instagramの収入:約0.5万円

クロシロチャンネル さんの月収は6.82万円となりました。

まとめ

以上、クロシロチャンネル さんの年収や月収の調査となります!

クロさん脱退後も動画スタイルを大きく変えず、ここまで成長を遂げたクロシロチャンネルさん。

今後どのような活動をされるか要注目ですね!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる