小室圭の年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

小室圭(こむろ けい)さんをご存知でしょうか。

2021年10月26日に秋篠宮家の長女・小室眞子(まこ)さんとご結婚されたお相手です。婚姻届提出後お二人で会見を開かれ、近況を国民にご報告されました。

今回は「小室圭の年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!」について紹介していきます。

目次

小室圭の年収は2000万円?

小室圭
※画像引用元:朝日新聞

小室圭さんの年収は2000万円と考えられます。
小室圭さんの収入源は1つと考えられます。

  • パラリーガル

小室圭さんは7月に受験した米ニューヨーク州の司法試験の結果が不合格だったため、パラリーガルとして勤務しながら、次の司法試験に向けて勉強を続けていくことになります。

パラリーガルではありますが大手弁護士事務所かつ大卒新人の試験期間のようなもので、弁護士と同等の給与を受けるということでした。

これによって小室圭さんの年収は2000万円だと予想できます。
それでは詳細を見てみましょう。

小室圭の年収に占めるパラリーガルの収入は?

小室圭
※画像引用元:東スポWeb

パラリーガル(paralegal)は、弁護士の監督の下で定型的・限定的な法律業務を遂行することによって弁護士の業務を補助する者である。
※参照元:wikipedia

パラリーガルは、弁護士を事務作業で支える役割なのですね。
(余談ですがドラマ「HERO」で松たか子さんが演じた役もパラリーガルでしたね)

法律関連の専門的な知識も必要になり、優秀な人材でなければ難しいはずですが、弁護士と比較すると半分以下の年収になってしまいます。しかし、ケント・ギルバート氏のお話によれば、弁護士と同等の給与を得るだろうとのこと。

「不合格といっても、次回は落ちた科目だけ受ければいいから大丈夫ですよ。2回目で受かる人も少なくありませんし、多くがパラリーガルとして働きながら勉強しています。次は大丈夫でしょう」

「小室さんは弁護士の報酬で働く契約になっていると聞いていますよ。彼が勤めている法律事務所は最大手ではないけれど、大手事務所と言っていい。大手は新卒の場合、いい人材を得るために、そういう契約を結ぶことは珍しくないんです」
※参照元:デイリー新潮

こちらのお話によれば、小室圭さんのパラリーガルとしての収入は、月収166万円程、年収は2,000万円と予想されます。

小室圭の月収はいくら?

小室圭
※画像引用元:論座

さてここからは、小室圭さんの月収についてまとめてみます。

  • パラリーガル:166万円

収入は一つと考えられますので、約166万円という結果になりました。

なお、妻である眞子さんは学芸員の資格を活かし美術館勤務をされる予定と言われています。その就職先が有名なメトロポリタン美術館という噂があり、それが本当だとすると眞子さんの年収は1,500万円ほどになると予想されます。その場合、眞子さんは月収125万円、年収1,500万円となります。

「実はMETの関係者からも“眞子さまのご就職が内定しているのでは”という話を聞いています。学芸員としてMETの日本ギャラリーを担当されるそうです。ちなみに学芸員の年収は約1千500万円ほどです」
※参照元:女性自身

小室圭さんと眞子さんの年収を合わせると3,500万円。日本人からすると高収入世帯になりますが、アメリカではかなり裕福とまではいかないのかもしれません。それにしてもアメリカのお給料の高さは羨ましい限りです、、!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は小室圭さんをご紹介してきました。

眞子さんとのお住まいはニューヨークのマンハッタンになるということですが、品位を保つ暮らしをするためには、それなりのマンションを借りる必要があります。

司法試験の結果により「家賃が払えるのか?!」と心配されましたが、そちらは問題なさそうです。マンハッタンでのお二人の自立かつ品位ある生活を継続するためにも、次回の司法試験が良い結果になることを期待したいですね!

以上「小室圭の年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!」でした。
最後までご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる