Fumiya(三海郁弥)の年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

フィリピンで大人気で、YouTubeのチャンネル登録者数はなんと228万人!
Fumiya(三海郁弥)さんの年収について詳しく調査してみました。
国内でもテレビ出演をし、さらに人気が上昇中のFumiya(三海郁弥)さん。
YouTubeの他にも様々な収入源があることがわかりましたので、紹介していきたいと思います。

目次

Fumiya(三海郁弥)の年収は3000万円?

 

Fumiya(三海郁弥)さんの年収は3000万円と考えられます。
Fumiya(三海郁弥)さんの収入源は大きく分けて4つあります。

  • YouTube
  • Instagram
  • 自身のプロデュースブランド
  • テレビ・イベント出演

YouTubeの広告収入はもちろん、自身のプロデュースブランドテレビ出演といった収入源がありました。
これによってFumiya(三海郁弥)の年収は3000万円だと予想できます。
次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!

Fumiya(三海郁弥)の年収に占めるYouTube収入はいくら?

 

Fumiya(三海郁弥)さんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入

YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。

チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。

YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。

上記のことからFumiya(三海郁弥)さんの再生回数と収入を割り出してみました

メインチャンネル「Fumiya / FumiShun Base」の収入

「Fumiya / FumiShun Base」

動画投稿頻度は平均で月5回ほど、再生回数は1本当たり3〜10万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約5万円前後。
単純計算で、(月収)5万円×12ヶ月=(年収)約60万円という計算になりました。

サブチャンネル1「Fumiya / ふみしゅんべーす」の収入

動画投稿頻度は平均で月5回ほど、再生回数は1本当たり1000〜2500回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約1250円前後。
単純計算で、(月収)1250円×12ヶ月=(年収)約1.5万円という計算になりました。

サブチャンネル2「Fumi Vlogs / ふみ」の収入

動画投稿頻度は平均で月3回ほど、再生回数は1本当たり5000〜2万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約6000万円前後。
単純計算で、(月収)6000円×12ヶ月=(年収)約7.2万円という計算になりました。

あくまでも平均再生数での計算になりますので、実際はもっと多くの収入があることが予想できます。
メインチャンネル以外の2つのチャンネルの最終投稿が7ヶ月前で止まっているので、こちらの収入は年収に含まれていないと判断しました。

バズった動画は?

最近もっともバズった動画は、


こちらの動画は118万回再生されています。

過去に最もバズった動画は、2018年5月に公開されたこちらの動画です!


300万回以上再生されています。
平均で月に5本ほど動画を投稿しているので、

3,060,000(1本あたりの再生数)×5(1か月あたりの動画の数)=15,300,000(1か月の総再生数)となります。
1再生0.1円だとして計算すると、
15,300,000(1か月の総再生数)×0.1(企業単価)=1,530,000(1か月あたりの収入)

このような計算から、月収およそ153万円だということがわかります

年収②企業案件収入

YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。

企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。

この企業案件の相場以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場単価は、1~1.5円です。

引用元:https://collatech.co.jp/ifm-lab/youtube/youtube_advertisement/3028

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なる為、正確な金額は分かりませんが、今回は上記の情報を元に金額を割り出してみました!

2280000(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約228万円

(相場の最低ラインで計算しています)あくまでも現時点(2021年8月)での登録者数で計算した結果になります。

Fumiya(三海郁弥)さんがどのような企業案件を受けているか調べてみましたが、最近の動画にはありませんでした。
とはいえ、チャンネル登録者数228万人の人気YouTuberさんですので、企業案件の依頼は来ていると予想しています。

Fumiya(三海郁弥)の年収に占めるTikTok収入はいくら?

フォロワー数は18.2万人です!
TikTokでの収入源は企業案件での収入になりますので、Fumiya(三海郁弥)さんが企業案件を受けているとすれば1案件につき単純計算で約18万円になります。
調べてみたのですが、Fumiya(三海郁弥)さんがTikTokにて企業案件を受けているような広告や動画を確認することができませんでした。

YouTubeの方でも企業案件を受けているような動画は直近での投稿からは確認できなかったため、TikTokの方でも企業案件を受けている可能性は低いと考えられます。
よって上記の金額は年収に含まれていないと判断させて頂きました。

Fumiya(三海郁弥)の年収に占めるプロデュースブランドの収入は?

2020年12月11日に「fumi fragrance」という香水ブランドを立ち上げています。
こちらの香水はフィリピン国内のみの販売でした。


同月19日にはアパレルブランド「BRIGE」を立ち上げています。


どちらも具体的にどのくらい販売されているか調べてみましたが分かりませんでした。

4400円のTシャツが月100枚売れているとして、44万円。
他にもパーカーやパンツ、上記の香水など合わせて月収100万円程ではないかと予想しました。

インスタグラム収入は?

Fumiya(三海郁弥)さんのInstagramのフォロワー数は75.1万人!

単純計算で751000(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約75万円になります。

この投稿をInstagramで見る

 

Fumiya(@23shun_base)がシェアした投稿


上記はプロテインの案件は確認出来ましたが、その他に企業案件は少なくYouTubeでは見られないようなFumiya(三海郁弥)さんの姿を沢山見ることができます。!

テレビ・イベント出演での収入は?

日本ではまだ知名度がそんなに高くないFumiyaさんですが、フィリピンではかなりの知名度があり一番人気の日本人と言われています。
イベントで20分歌を歌っただけで70万円のギャラが出たりするそうですよ!
現在フィリピンでどのようなイベントやテレビに出演されているのか、調べても見つけらることができませんでした。
しかし、これだけ人気がある方なので月に一つも仕事がないとは考えにくいです。
月1回70万円程のギャラが出るお仕事があるとすれば、年収840万円と予想できます。

Fumiya(三海郁弥)の月収はいくら?

  • YouTubeでの収入が5万円、
  • Instagramが75万円、
  • プロデュースブランドの収入が100万円、
  • テレビ・イベント出演が70万円。

これらを合わせると、月収およそ250万円ということがわかりました。

まとめ

今回、Fumiya(三海郁弥)さんの収入について調査しました。
テレビやイベント出演を月に一回と予想して計算しましたが、実際はもっと多く出演されているのではないかと思います。
フィリピンを拠点に活動されているので、日本と比べ物価もかなり安いですし十分過ぎる収入ですよね!
海外のみならずこれから日本でもどんどん活躍されるのを楽しみに、今後もFumiya(三海郁弥)さんに注目していきたいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる