ディーン・フジオカの年収と月収!ギャラはどれくらい?総収入を徹底調査!

俳優・ミュージシャンに留まらず、絵本の出版や映画監督など、表現者として広く活躍しているディーン・フジオカさん。

TikTokへの投稿も積極的で、幅広い世代に人気です。

インスタグラムは最も人気があり、フォロワー数は88万人を超えています

40歳を超えても輝き続けるディーン・フジオカさんの収入は、2021年度でどれほどあるのでしょうか。

自宅や愛車の噂についても調査していますので、ぜひご覧ください!

2022年1月時点の情報を元に作成しています。

目次

ディーン・フジオカの年収は約8,440万円?ギャラはどれくらい?

ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカさんの年収は約8,440万円と考えられます。
ディーン・フジオカさんの収入源は大きく分けて6つあります。

  • ドラマ出演
  • テレビ出演
  • CM出演
  • 音楽ライブ
  • YouTube
  • TikTok

2021年度のディーン・フジオカさんの収入は、ドラマ出演の他にCM出演や音楽ライブが多くを占めていると考えられます。

これによってディーン・フジオカさんの年収は約8,440万円だと予想できます。

ギャラはどれくらいなの?

俳優、女優のギャラについて以下のような情報がありました。

バラエティー番組と同様にドラマもコスト削減が進んでおり、連ドラの主演俳優のギャラは、「かつては1話300万円でしたが、現在は100万~200万円が相場になっています」という。10話で合計1000万~2000万円のギャラとなるが、低視聴率のイメージダウンを避けるため、最近は主演をやらせたがらない事務所が増えている。男女ツートップやチームもの、群像劇のドラマが増えているのはそのためだ。

映画のギャラは一般にゴールデンの連続ドラマより安いとされてきたが、ヒットが見込める大作の場合は例外だという。「ベストセラー原作」で「東宝系」、「テレビ局製作」の大作という条件がそろえば、主演俳優のギャラは1000万円、2番手でも500万~700万円という。

引用元:エンタウォッチング

上記の記事を見て分かるように、連続ドラマの主演俳優・女優のギャラの相場は1話100万円~200万円と言われています。

映画では、超大作の主演クラスで1000万円を超えることもあるようですが、通常の場合は1本300万円位だと言われています。

次にディーン・フジオカさんのそれぞれの収入源について詳しく説明していきます!

ディーン・フジオカの年収に占めるドラマ出演の収入は?

ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカさんが、2021年出演したドラマは以下です。

2021年

  • 大河ドラマ「青天を衝け」
  • 木曜劇場「推しの王子様」

俳優としてのドラマ収入は以下のような情報があります。

俳優としての収入ですが、ドラマでは1話あたり約100〜200万円の収入が相場となっています。
引用元:エンタウォッチング

ディーン・フジオカさんは2021年、判明しているだけでも出演数を2つのドラマに出演し、出演回数は22回以上の予想です。上記の相場で計算すると

150万円(1話あたりの出演料)×22回(撮影本数)=3,300万円
3,300万円(年収)÷12(ヶ月)= 275万円(月収)

上記の計算から月収275万円と予想できます。

ディーン・フジオカの年収に占めるテレビ出演の収入は?

ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカさんはテレビ出演も多くされています。
2021年の出演番組は以下です。

2021年

  • NHK「シブヤノオト」
  • TBS「音楽の日」
  • フジテレビ「全力!脱力タイムズ」
  • フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」
  • 日テレ「バズリズム02」
  • テレ朝「あざとくて何が悪いの?」
  • NHK「チコちゃんに叱られる!」

ディーン・フジオカさんのレギュラー番組も含めた出演番組は、判明しているだけでも7回でした。

10万円(1番組の出演料)× 7回 = 70万円
70万円(年収)÷ 12(ヶ月)= 約6万円(月収)

このことから、テレビ出演での収入は月収約6万円と予想できます。

ディーン・フジオカの年収に占めるCM出演の収入は?

ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカさんはCMにも出演しています。
2021年のCMは以下のとおりです。

  • 花王「ニベア ロイヤルブルーリップ」
  • 花王「ニベア ロイヤルブルー ボディミルク」

ギャラは公表されていませんが、仮に1本あたりの収益が1,500万円だとすれば

1,500万円(1本あたりの収益)×2(CMの数)=3,000万円(年収)
3,000万円(年収)÷12(ヶ月)=約250万円(月収)

上記の計算から月収約250万円と予想できます。

ディーン・フジオカの年収に占める音楽ライブ収入はいくら?

ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカさんは「”Musical Transmute” Tour 2021」と題して、全国ホールツアーを開催していました。

全20公演でしたが、コロナ禍での開催ということで、収容人数が総席数の半分程度となっていたようです。

今回は、千秋楽の公演が行われた、オリックス劇場の座席数を元に計算してみます。

オリックス劇場の総席数は2,400席。
チケット料金は8,000円です。

(収容人数)1,200席×(料金)8,000円×(公演数)20=(ライブ収入)約1億9,000万円

ライブ収入は、会場費や人件費といった費用で「プラマイゼロ」「赤字」といった話もよく耳にします。

仮に、売り上げの10%程度がディーン・フジオカさんの懐に入るとすれば、年収は約2,000万円

月収に換算すると、約170万円と予想できます。

ディーン・フジオカの年収に占めるYouTube収入はいくら?

ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカさんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

広告収入


YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。

チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。

YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。

上記のことからディーン・フジオカさんの再生回数と収入を割り出してみました

DEAN FUJIOKA

動画投稿頻度は平均で月2回ほど、再生回数は1本当たり11〜12万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約2万円前後。
単純計算で、(月収)2万円×12ヶ月=(年収)約24万円という計算になりました。

ディーン・フジオカさんは、アーティストとしてYouTubeチャンネルを運営しています。

2022年1月時点での登録者数は4.48万人です。

バズった動画は?

DEAN FUJIOKA」では、楽曲のPVやTikTok動画の再投稿が中心となっています。

ディーン・フジオカさんは、歌声も非常に素敵ですよね。

どのような動画が人気なのか、TOP3をご紹介します。

DEAN FUJIOKA – “Runaway” Music Video

一番人気で、再生回数は68万回

「Runaway」は、ドラマ「推しの王子様」の挿入歌でもあるため、人気を集めたようですね!

DEAN FUJIOKA – Priceless (Lyric Video)

こちらの動画は47万回再生。

ディーン・フジオカさんの楽曲の中でも、とりわけ人気のある楽曲だということが分かります。

メロディーだけでなく歌詞も素敵なので、ぜひ一度聴いてみてくださいね。

DEAN FUJIOKA – Cycle / Midnight Messenger mabanua REMIX (Trailer)

こちらは20万回再生です。

ちなみに、ほぼ同じ再生回数の動画があります。

隐世录」という海外のスマホゲームとタイアップした楽曲です。

ディーン・フジオカの年収に占めるTikTok収入はいくら?

 

ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカさんは2022年1月現在23万人以上のフォロワー数です!

TikTokの収益化は実装されたばかり

まず、TikTokなのですが、日本では2021年3月に収益化の仕組みが始まったばかりです。

他のSNS、YouTubeやInstagramのように広告収入や投げ銭で収入を得られるようですが、まだまだその仕組みは明らかになっていません。

今までのTikTokは、事務所に所属するきっかけになったり、YouTubeなどへの誘導のツールとして使われていることが多かったようですね。

年収①広告収入

TikTokの広告は

・起動時の画面広告

・タグチャレンジ広告(#チャレンジ)

・インフィード広告(おすすめ投稿に表示)

が、あることが確認されています。

これらに起用、掲載されることで大きな収入へつながるようです。

ディーン・フジオカのTikTok

「ディーン・フジオカ」

フォロワー数23.9万人です!(2022年1月現在)

動画投稿頻度は平均で月2回ほど、再生回数はどれも〇〇万回以上再生されています。

実際の収入を予想することは難しいですが、2021年度は初のTikTokライブを開催していました

イベントの出演料なども発生していると思われますので、今回は年収50万円と予想します。

今後もTikTokを通じて、ディーン・フジオカさん自身の活動などを発信していくでしょう。

ディーン・フジオカの月収はいくら?

ディーン・フジオカ

ディーン・フジオカさんの月収内訳は、

  • ドラマ出演の収入:約275万円
  • テレビ出演の収入:約6万円
  • CM出演の収入:約250万円
  • 音楽ライブの収入:約170万円
  • YouTubeの収入:約2万円
  • TikTokの収入:約4万円

このことから、月収は約700万円と予想できます!

ディーン・フジオカの自宅や愛車は?

ディーン・フジオカ

自宅

ディーン・フジオカさん一家の住居は、ジャカルタにあるそうです。

「花粉症がひどいため日本には住まない」と、ディーン・フジオカさんが希望したとか。

ただし、単身赴任であまりにも多忙なため「数年間は帰っていない」とおっしゃっていました。

奥さんは、インドネシア国籍で元モデル。

さらに、お二人が出会ったのが台湾だということから「奥さんが元々セレブなのでは」との噂もあります

ジャカルタでは、住みやすい環境で子育てをしているのかもしれませんね。

愛車

また、ディーン・フジオカさんの愛車は「ベンツ」という情報が流れていました。

しかし、ドラマの話であるため実際には違う可能性が高いです

オープンカーの写真もありますが、こちらは「Runaway」のMVに登場している車です。

ディーン・フジオカさんの愛車は特定できませんでしたが、高級車に乗っているイメージはありますよね。

まとめ

ディーン・フジオカさんの年収は、約8,440万円と予想できました!

2022年には、自身が監督・主演を務める「Pure Japanese」という映画が公開されます。

さまざまな方面で活躍するディーン・フジオカさんの、今後の活動にも期待しましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる