デブスタの年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

野球や料理などをテーマにして、動画を配信し活躍されているデブスタさんをご存知ですか?

現在高校2年生で、高校生あるあるの動画が特に人気のようですね!

2014年からSNSでの活動を始めているデブスタさんの収入源や収入額について、ご紹介していきます。

目次

デブスタの年収は12万円?

出典:https://www.facebook.com/390479501129480/posts/1689466777897406/

デブスタさんの年収は12万円と考えられます。

デブスタさんの収入源は大きく分けて2つあります。

  • TikTok広告収入
  • YouTube広告収入

主に、TikTokとYouTubeで活躍していて、そこからの広告収入を得ていると考えられます。

収入額は少ないですが、高校生ということを考えると丁度いい金額なのかもしれませんね。

これによってデブスタさんの年収は12万円だと予想できます。
次にTikTokでの収入について詳しく説明していきます!

デブスタの年収に占めるTikTok収入はいくら?

デブスタさんは2021年8月現在38万人以上のフォロワー数です!

TikTokの収益化は実装されたばかり

まず、TikTokなのですが、日本では2021年3月に収益化の仕組みが始まったばかりです。

他のSNS、YouTubeやInstagramのように広告収入や投げ銭で収入を得られるようですが、まだまだその仕組みは明らかになっていません。

今までのTikTokは、事務所に所属するきっかけになったり、YouTubeなどへの誘導のツールとして使われていることが多かったようですね。

年収①広告収入

TikTokの広告は

・起動時の画面広告

・タグチャレンジ広告(#チャレンジ)

・インフィード広告(おすすめ投稿に表示)

が、あることが確認されています。

これらに起用、掲載されることで大きな収入へつながるようです。

デブスタのTikTok

@_debusta2

メンテ君は修学旅行派手にカマしました!!確実に俺理容業界盛り上げてるよなwこれからも盛り上げやす #メンテ君 #メンテ足りない #スキンフェード #フェード

♬ オリジナル楽曲 – デブスタ – デブスタ

「デブスタ」

フォロワー数38万人です!(2021年8月現在)

動画投稿頻度は平均で月15回ほど、再生回数はどれも1万回以上再生されています。

TikTokでも大きな影響力を持つ代表的な存在のデブスタさんですので、TikTokの収益化が始まったことで、収入も大幅にアップしたのではないでしょうか。

年収②企業案件収入

TikTokのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。
企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしいと依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。

タグチャレンジ広告も存在しており、人気TikTokerを起用することも多いようです。

こちらの動画を見てみると、ヒロトさんは30万人のフォロワーがいたときに受けた案件の金額が30万円だったと話しています。

これを参考にすると、

・フォロワー数×1円=報酬

ということになりますよね!

もしこれがデブスタさんにも当てはまるとすれば、一件につき38万円の報酬を得ることになりますね。

今回は、調べたところ企業案件を扱っているものはありませんでした。

年収③投げ銭

2021年3月に日本でも実装開始したTikTokの投げ銭機能

TikTok LIVE Gifting(ギフティング)」でも収益が入る仕組みが開始されました。

こちらの機能、日本のユーザーからだけでなくはもちろんですが、海外のユーザーからもギフト(投げ銭)を受け取ることができるんだとか!こちらも大きな収入源となりそうです。

デブスタさんが、投げ銭を扱っているものについては、今回調べたところ見つかりませんでした。

デブスタの年収に占めるYouTube収入はいくら?


デブスタさんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入

YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。

チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。

YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。

上記のことからデブスタさんの再生回数と収入を割り出してみました。

「デブスタ」

動画投稿頻度は平均で月1回ほど、再生回数は1本当たり5000〜1.6万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約1000円前後。
単純計算で、(月収)1000×12ヶ月=(年収)約12万円という計算になりました。

YouTubeでの活動もしていますが、1年前より動画の更新はありませんでした。

TikTokに重きを置いているのかもしれませんね。

バズった動画は?

デブスタさんの動画の中でも、再生回数が多いものをいくつかご紹介していきます!

1Rykey Mzeeとのコラボライブでかましてみた。

https://youtube.com/shorts/QuG_HKpXYZY?feature=share

TikTokでの動画をYouTubeにあげたものになっています。

6.7万回の再生がありました。

2スーツケースをステッカーで埋めつくしていくうー

貰い物のステッカーを永遠に貼っていく動画です。

視聴者からは中学の頃同じことをやったなぁと、懐かしむ声も聞かれました。

3RYKEYコラボライブ2続き顎なしはあんまり受けなかった。

1番にご紹介した動画の続きになっています!

2つ続けて視聴するのも面白いですね。

デブスタの月収はいくら?

 

TikTok広告収入 約数万円

YouTube広告収入 約1万円

今回TikTokでの正確な収入額を算出することは出来ませんでした。

2つの広告収入から以上のように考えられます。

まとめ

現役高校生ながら、SNSで今注目を集めているデブスタさん!

高校生ならではの姿を収めながら様々なジャンル動画を投稿していました。

まだまだ若いということで、今後の活躍が注目されます!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる