ボドカの年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

プロゲーミングチーム「RIDDLE」のオーナーであり、主にFPSゲーム実況動画を投稿する「ボドカ」。

「暴言ペンギン」とも呼ばれるその過激なプレイや言動が人気となり、Twitterのフォロワー数はなんと40万人を超えています。

そんなボドカさんですが、やはり収入が気になるところ。

今回は、収入源から1つ1つ紐解き、ボドカさんの収入を徹底調査していきたいと思います。

目次

ボドカの年収は996万円?


ボドカさんの年収は996万円と考えられます。
ボドカさんの収入源は大きく分けて2つあります。

  • 広告収入
  • 企業案件収入

皆さんもご存知かとは思いますが、YouTubeでは、広告や企業案件によって収入を得られます。

ボドカさんは、主な活動をYouTubeに置いているため、その再生回数やチャンネル登録者数から、大まかな収入を予測することが出来ます。

これによってボドカさんの年収は996万円だと予想できます。
次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!

ボドカの年収に占めるYouTube収入はいくら?


ボドカさんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入


YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。
チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。
YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。
上記のことからボドカさんの再生回数と収入を割り出してみました

「ボドカ/Riddle – ゲーム実況」
動画投稿頻度は平均で月7回ほど、再生回数は1本当たり3〜50万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約18万円前後。
単純計算で、(月収)18万円×12ヶ月=(年収)約216万円という計算になりました。

再生回数に波はあるものの、多い動画では50万回程、平均では26万回程の再生回数があります。

バズった動画は?

ここで、ボドカさんの人気動画を3つご紹介していきます。

1「【BO4実況】ふざけんのも、大概にSayよ!【ショットガン失せろ】」

コールオブデューティブラックオプス4の実況動画。

ボドカさんの名セリフ「ふざけんのも、大概にSayよ!」はここから生まれました。

2「運営、俺を舐めるなよ【ガチャ開封】【Apex Legends】」

顔出しをしてから1番やりたかったというガチャ動画。

出るガチャによってのテンションの差が凄まじく、安定のキレ芸が素晴らしいです。

3「敵の画面を実況してたら、最強プレイヤーだった・・・【フォートナイト実況】」

すかーれっと!さんのプレイ動画をボドカさんが実況、解説する動画。

こちらはキレ芸がなく、落ち着いた実況をしています。

年収②企業案件収入


YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。
企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。
この企業案件の相場以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場単価は、1~1.5円です。
引用元:https://collatech.co.jp/ifm-lab/youtube/youtube_advertisement/3028

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なる為、正確な金額は分かりませんが、今回は上記の情報を元に金額を割り出してみました!

65万人(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約65万円
(相場の最低ラインで計算しています)あくまでも現時点(2022年1月)での登録者数で計算した結果になります。

ボドカさんが、企業案件をどれだけ受けているかは定かではありませんが、最低ラインでもこれだけの収入を得ていることがわかりました。

ボドカの月収はいくら?

  • YouTube広告収入 約18万円
  • 企業案件収入 約65万円

まとめ

今回は、ボドカさんの収入について徹底調査してみました。

大まかな計算なので、実際の収入は本人にしか分からないところではありますが、YouTubeだけでもこれだけの収入を得ているボドカさんは、やはり人気である事がわかりますね。

ボドカさんの過激な実況動画をこれからも楽しみにしていきたいと思います!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる