アップタウン本部の年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

動くはずの無いマネキンが動いたら?

首なしドライバーはドライブスルーできるのか?など

人間ドッキリを仕掛けてはおもしろ編集で動画をアップしているアップタウン本部。

彼らの街中ドッキリ企画をあげているYouTubeチャンネルが最近急上昇しています。

そんな彼らは一体何者なのか、主な収入源は何なのか、そして1番気になる年収や月収はいくらなのかを徹底的に調べて行きたいと思います。

目次

アップタウン本数の年収は360万円?

アップタウン本部さんの年収は360万円と考えられます。
アップタウン本部さんの収入源は主にYouTubeではないかと予想できました。

  • YouTube

2人の男性youtuberからなるアップタウン本部は、会長の誠心さんと副会長の大願さんで結成さ
れています。

2019年の10月からYouTubeチャンネルを開設。登録者数は26万2000人と、わずか1年10ヶ月
人気急上昇している注目のYouTuber。動画の企画で「サムライ」などを使っていることから、海外
での視聴者も沢山いるようで、今まさに注目の人気YouTuberです。

徹底調査した結果、アップタウン本部の2人はかなり謎が多い2人組でした。
彼らの活動は主にYouTube。

アップタウン本部の年収は360万円だと予想できます。
次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!

アップタウン本部の年収に占めるYouTube収入はいくら?

アップタウン本部さんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収
入について見ていきましょう!

年収①広告収入

YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?
」ということ。
チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。
YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20
万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。
上記のことからアップタウン本部ーさんの再生回数と収入を割り出してみました

「アップタウン本部」
動画投稿頻度は平均で月1~2回ほど、再生回数は1本当たり300万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約30万円前後。
単純計算で、(月収)30×12ヶ月=(年収)約360万円という計算になりました。

バズった動画の収入は?

アップタウン本部の特に人気の動画はこちら。

サムライマネキンドッキリ

再生回数555万回

1再生0.1円だとして計算すると、収入が55万円

心霊スポットで首なしドッキリ

再生回数475万回

1再生0.1円だとして計算すると、収入が47万円

巨大貞子ドッキリ

再生回数381万回

1再生0.1円だとして計算すると、収入が38万円

上記人気の3本の動画の収入をあわせるとなんと収入が140万円!!
人気動画だけでもかなりの収入だということが判明致しました!

サムライマネキンドッキリは海外からの視聴者もかなり多いことから、かなりの再生回数です
ね!日々再生回数が増えているので、600万再生に達成するのも時間の問題といえるのではな
いでしょうか。

年収②企業案件収入

YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。
企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼さ
れ、インフルエンサーとして紹介すること。

この企業案件の相場以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場
単価は、1~1.5円です。

アップタウン本部さんはYouTubeでの収益は企業案件を受けているような動画は確認できず、
YouTubeでの収益は恐らく広告収入だけだと思われます。

アップタウン本部の月収はいくら?

アップタウン本部の収入源はYouTubeの広告収入がメインという事が判明致しました。

動画投稿数が月に1本~2本ということで、予想される月収は30万円。
累計再生回数は3224万9642回!
なんと累計収入は386万9957円!!!
かなりの高額収入でした。

今のコロナ禍でドッキリ企画を控えているとの記事を発見致しました。
街中ドッキリ企画が沢山アップされる日が来ることが待ち遠しいですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?
海外からの注目を集めているアップタウン本部。登録者数30万人越えもあと少し!
人気急上昇中の彼らから目が離せませんね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる