アバンティーズ の年収や月収はどれくらい?総収入を徹底調査!

アバンディーズさんといえば、YouTube登録者数144万人、芸能事務所「UUUM」に所属する4人組のYouTuberです!!

なんと中学時代からチャンネルを持ち思わずクスッと笑える動画からど迫力の映像を配信したりと幅広く挑戦するクリエイターでもある。

タレント活動も精力的に行っており様々なメディアで見かけることも多くなってきました。

今回はアバンディーズさんの年収や月収について詳しく紹介していきたいと思います!!

目次

アバンディーズの年収は2580万円?

imgres.jpg

アバンディーズさんの年収は2580万円と考えられます。
アバンディーズさんの収入源は大きく分けて2つあります。

  • YouTube
  • Twitter

これによってアバンディーズの年収は2580万円だと予想できます。
次にYouTubeでの収入について詳しく説明していきます!

アバンディーズの年収に占めるYouTube収入はいくら?

imgres.jpg

アバンディーズさんの収入の中でもこのYouTubeがかなり大きいと言えますがYouTubeでの収入について見ていきましょう!

年収①広告収入

YouTuberとして最も大事なことは「どれくらい再生されるか?」ということ。

チャンネル登録者数だけ増えても再生されなければ収入が増えることはありません。

YouTubeの広告収入の計算方法については以下の通り。

YouTube広告の収益は、1再生数につき0.05円〜0.1円の単価と言われている。

0.05円の単価とすると、月間200万回の再生で10万円。400万回の再生で20万円となる。

引用元:Yahooニュース

広告によって単価が大きく変わることから1再生につき0.2円〜0.5円になることもあります。

上記のことからアバンディーズさんの再生回数と収入を割り出してみました

「アバンディーズ」

動画投稿頻度は平均で月9回ほど、再生回数は1本当たり50〜55万回。
1再生0.1円だとして計算すると、月収約45万円前後。
単純計算で、(月収)45×12ヶ月=(年収)約540万円という計算になりました。

 

バズった動画は?

アバみ

こちらの動画は再生回数1200万回越え!!

大物YouTuberに、お年玉もらえるまで帰れま10!!

こちらの動画は再生回数660万回越え!!

【強奪編】大物YouTuberに、お年玉もらえるまで帰れま10!!

こちらの動画は再生回数620万回越え!!

 

年収②企業案件収入

YouTubeのもう一つの収入の軸として企業案件からの収入があります。

企業案件とは、直接企業から商品やサービスを紹介してほしい。依頼され、インフルエンサーとして紹介すること。

この企業案件の相場以下の通り。

YouTubeの企業案件は、登録者の人数によって計算します。相場単価は、1~1.5円です。

引用元:https://collatech.co.jp/ifm-lab/youtube/youtube_advertisement/3028

宣伝商材や視聴者層によって報酬は大きく異なる為、正確な金額は分かりませんが、今回は上記の情報を元に金額を割り出してみました!

144万人(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約144万円

(相場の最低ラインで計算しています)あくまでも現時点(2021年9月)での登録者数で計算した結果になります。

提供:タカラトミー

 

アバンディーズの年収に占めるTwitter収入は?

アバンディーズさんのTwitterのフォロワー数は、2021年8月現在26万人です。

企業案件の計算方法は登録者数×単価となっています。相場単価は、1~1.5円と言われているため、

・Twitter
26万人(フォロワー数)×1(企業案件単価)=1案件につき約26万円

そもそも企業案件は限られたクリエイターにしか受注されないのですから、年に何回も依頼を受けているのは影響力のある証だといえます。

月に一件の案件を受けたとすると、

26万人×12ヶ月=312万円

年間約312万円ほどと予想できますね。

アバンディーズの月収はいくら?

imgres.jpg

今までの年収予想を月収にしてみると

・YouTube広告収入 約45万円

・YouTubeの企業案件 約144万円

・Twitterの企業案件 約26万円

ここで約215万円。

215万円を月収予想にします!

まとめ

以上、アバンディーズさんの気になる年収や月収について調査しました。

今後の活躍からも目が離せませんね!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる